Tomioka silk mill,街かど歴史資料室,関八州,上州,太田,桐生,軽井沢,日光,銀座,富岡製糸場,世界文化遺産,十手,古文書,絵はがき,珍品,希少品,骨董書画,限定,プレミアム,銅,街道,渋沢榮一,尾高惇忠

FrontPage

街かど歴史資料室

街かど歴史資料室 平成28年第8回企画展 10月

北方領土、サハリン、樺太展 〜古い写真が時を語る〜

北方領土_樺太展


期間    10月6日〜30日

開館時間  午前10時〜午後3時

休館日   11・12日、17・18・19日、24・25・26日

入館料   大人100円、小学生以下無料

更新情報はホームページに掲載致しますので、ぜひご覧下さい。
右の画像をクリックすると拡大表示されます。


街かど歴史資料室 平成28年ミニ企画展 7月

日光山と徳川ミニ展 

Machikado1024.jpg


期間    7月15日〜24日

開館時間  午前10時〜午後5時

休館日   7月19・20・21日

入館料   大人100円、小学生以下無料


街かど歴史資料室 平成28年第7回企画展

古写真で見る吉原遊郭と吉原炎上展

Yoshiwara1024.jpg


期間    4月29日〜5月末日まで

開館時間  午前10時〜午後5時

休館日   5月9・10・16・17・23・24・30・31日

入館料   大人100円、小学生以下無料


【街かど浮世絵展】2016年1〜3月 ご案内 <終了>

下の浮世絵をクリックしてご覧ください(pdf.ファイルで開きます)

街かど浮世絵展開催!

イベント & 新着情報

上野広小路
浅草橋


向島慕情


銀座通り
Nihonbashi
Kiryu_times
Kawaraban
  • 長州戦争の「かわら版」発見
    We found the Kawaraban (かわら版, literally "tile-block printing" referring to the use of clay printing blocks) distributed in the Choshu war.

    2015.4.6

Ochanomizu168.png

「お茶の水」の由来〜お茶の水橋や電車もご覧いただけます。

2015.3.31

九段坂
人車軌道
草軽電気鉄道
  • 草軽電気鉄道 「高原列車とロマンの旅」
    Kusakaru electric railway "plateau train and a romantic trip"

    かつて軽井沢駅から北軽井沢を抜けて、草津温泉まで運航する列車が存在していたことを、皆さんはご存じでしょうか?

    今回は、その草軽電気鉄道のおもかげを辿ります。
    草軽電気鉄道2

    2014.9.4

    日光山の富くじ
  • 日光山の富くじ「興行チラシを発見」
    We discovered the flier about the lottery of NIKKOSAN.

    日光山(現在の二社一寺)が江戸時代に幕府の許可を得て実施した富興行の定書(現在の宝くじ案内チラシ)を街かど歴史資料室が発見しました。
    右の写真をクリックすると当該ページへリンクします

    2014.7.7


    多田家古文書寄贈
  • 多田家(徳島県小松島市)の古文書
    Ancient documents of the Tada family.

「街かど歴史資料室」が徳島県立文書館に寄贈・寄託いたしました。
右の写真をクリックすると当該ページへリンクします

2014.7.1

  • 富岡製糸場関連 稀少資料
    Rare data of the Tomioka silk mill.
    富岡製糸場稀少画像


    当時の工場内部や女工、さらに富岡製糸場初代場長でもあり渋沢栄一翁の師と言われる尾高藍香翁(惇忠)の資料を入手し、掲載しました。
    右の写真をクリックすると当該ページへリンクします

    2014.6.25

  • 富岡製糸場の木版画
    The wood-block print of the Tomioka silk mill.
    Tomioka_city168.gif


    富岡市から当資料室へ4月10日に調査で来訪。
    桐生タイムスへ掲載されました。
    右の写真をクリックすると当該ページへリンクします



    2014.4.26


  • 80年前の災害資料
    桐生タイムス掲載


    笠懸の「旋風」被害写真も収録
    今から80年前に群馬県を襲った台風被害をまとめた資料
    3月13日付 桐生タイムス紙に掲載されました。
    右の写真をクリックすると当該ページへリンクします

    2014.3.23


  • 今はなき東上州忍山鉱泉宿の旅
    忍山鉱泉


    とても貴重な資料を入手いたしました。
    桐生市梅田町に存在した忍山鉱泉の写真およびその解説を新たに掲載しました。
    右の写真をクリックすると当該ページへリンクします

    2014.2.26


  • プレミアム絵はがき販売開始 ♬ 完売させていただきました。
    Premium

    トップページに使用されているオリジナル絵画について、たくさんの方々より販売に関するお問合せを頂いておりましたが、このたび絵はがきとして数量限定(各300枚限定)にて販売を開始致します。

    販売金額は1枚あたり100円です

    2014.1.26


    kiryu_times.png
  • 引札錦絵展 終了しました(〜2014年1月17日まで)
    足銀桐生市場支店にて


    右の写真をクリックすると当該ページへリンクします

    2013.12.29


    借用証文_歌麿
  • 「注目の資料」として歌麿に関する興味深い資料を公開いたします(下野北関東歴史研究会 熊倉精一会長 所有)

    右の写真をクリックすると当該ページへリンクします

    2013.12.29


    NakajimaAircraft
  • 右の写真は現在の富士重工業株式会社の前身である大正時代の「中島飛行機製作所」と零戦(写真をクリックすると拡大表示されます)。



    GummaPref.
  • 群馬県のウェブサイトにも『街かど歴史資料室』の記事が掲載されております。

    右の画像をクリックすると群馬県のウェブサイトへリンクします。


    20120325
  • 上毛新聞ニュース(WEB版)にも『街かど歴史資料室』(ユニーク番付紹介)が掲載されました。2012年3月25日

    右の画像をクリックすると上毛新聞ニュースへリンクします。


    Kiryutimes
  • ウェブ桐生タイムスでも紹介されております。「埼玉県杉戸町より調査員来訪」 2011年6月10日

    右の画像をクリックするとウェブ桐生タイムスへリンクします。


    Open
  • さらに、上毛新聞ニュースへ掲載されました。2011年5月3日

    右の画像をクリックすると上毛新聞ニュースへリンクします。



銅街道

  • 銅(あかがね)街道とは?
    • 銅街道は、足尾銅山(あしおどうざん)の銅輸送の為に設けられた道路。
      足尾と利根川平塚河岸(とねがわ ひらつか かし)を結んでいたが、元禄元年(1688年)頃から利根川の前島河岸となった。

      足尾銅山が慶長15年(1610年)に発見され、銅は日光を経由して積み出されていたが、慶安元年(1648年)幕府直轄地になる。精錬された銅は、利根川の河岸から浅草蔵前の銅蔵まで舟で運搬された。

      慶安2年(1649年)に足尾銅山から利根川の河岸まで道路が整備された。街道の宿場に銅問屋が決定された。
      銅の輸送は、街道沿線59ヶ村の助郷人馬(すけごうじんば)によって行われた。
      銅問屋は、沢入(そうり)、花輪(はなわ)、桐原(きりばら)、大原(おおばら)、平塚(ひらつか)、のちに亀岡(かめおか)の6ヶ所に置かれた。
         

      (文献資料より)

      足字銭御用札1御用札2
      寛永通宝 足字銭 下野国足尾鋳造
      寛保2年(1752年)から5年間
      足尾山元に鋳銭座を開設
      御用 伊奈半左衛門
      江戸期の関東郡代

      木札:輸送用御用札(足尾御役所)
      御用 伊奈半左衛門
      江戸期の関東郡代

      木札:輸送用御用札(足尾御役所)


上州 赤城越え

  • 脇差(わきざし)について
    • 脇差は八寸(約24センチ)を脇差と言ったらしい。刀身は、短い脇差に鞘だけ長くしたものが上州長脇差と言われていた。
      戦国時代に上州箕輪城の雑兵が使い始めたと伝えられている。
      やがて、ヤクザに伝わって上州長脇差の名を高めた。


上州路捕物絵図

  • 関八州取締出役(かんはっしゅう とりしまり しゅつやく)とは?
    • 文化2年(1805年)中頃に制定実施された。
      関東八州の巡回警備、八州取締出役は武州、相州、上州、野州、常陸、房州、上総、下総の悪党たちに恐れられた存在であった。
      勘定奉行関東郡代の支配下にある代官手付、代官手代が拝命する役職で、正式には関東八州取締出役と呼ばれる。俗称は八州周り、庶民からは八州様と言われていた。


織姫神社120周年記念




桐生歴史文化資料館オープン

生人形・白瀧姫像・安本亀八作
ほか錦絵・番付など多数公開中

桐生市本町2丁目(矢野園となり)
月曜休館




会 員 募 集 !

郷土史に興味をお持ちの方、地域の史跡や寺院などを調べたり見学したり
することが好きな方など、どなたでも歓迎します。


年会費 2,000円
申込先 〒376-0022 桐生市稲荷町1番地4 桐生市立図書館内
桐生文化史談会事務局(大瀬)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional